マグロ 漁獲量


マグロの漁獲量

マグロは日本人の大好物です。その漁獲量が年々減っていることが、心配されています。なぜマグロは採れなくなっているのでしょう。

その要因の一つにマグロ規制があります。漁獲量を「大西洋マグロ類保存国際委員会」で定められた規制に則り減らしているのです。この量は2割で、以前は3万トンもあった漁獲量が2009年には2万7500トンになってしまっています。

なぜ漁獲量を減らさなければならないのでしょうか?それは天然のマグロが減ってきているからです。世界中でマグロの消費量が増え、マグロの乱獲があったため、天然のマグロは減ってしまいました。これ以上マグロを減らさないため規制が設けられたというわけです。

日本の市場に出回るマグロは輸入ものが多くを占めています。オーストラリアやアラスカ近海など多岐にわたって輸入を行ってはいますが、大西洋東部からの輸入が多いので、これらの地域での輸入が規制されると、日本で食べられる天然マグロは減ってしまうのです。日本人はマグロが大好きなのでこれは重大な問題でしょう。

天然マグロが減ってしまったことは、環境問題でもあります。国産のマグロはその量がとても減っており、希少価値の高いものとなっています。マグロの需要は増え価格は高騰するという悪循環に陥っています。

限られたマグロという資源を守りながら、漁獲し美味しくいただく。この仕組みを徹底しなければなりません。日本人が少しずつマグロを食べることを我慢すれば貴重な天然資源であるマグロを守ることになると自覚してください。現代におけるテクノロジーの進歩で洋食のマグロが次第に研究されています。このような技術の進歩によっても限られた資源であるマグロを守る動きが世界中に広がっています。

大学などでは盛んに研究されていますので、養殖のマグロが私たちの食卓に並ぶ日もそう遠くはないでしょう。それまでは我慢してたまに美味しくマグロを味わっておきましょう。